Eureka | エウレカ
About us      Profile      Service      Works      News      Jobs      Contact   

 

| Kankyu-tei 感泣亭

 *V

Addition of an annex in a small garden. There is an existing wooden modernism house of a late poet in the property, and the request for the addition was a space that could be open to public occasionally. For that reason, we designed the new space as an annex that is apart from the existing, and the space becomes completely open to the exterior by sliding all the doors. It would work as a pocket park in the crowded residential area. There is the small exterior space in between the existing dwelling space and the annex space so that the both spaces merge into the exterior.


生田勉の設計による木造モダニズム住宅に増築した小さな離れ。庭の一部に屋根をかけただけのような開放的なつくりとしました。細分化、高容積化を繰り返して世代更新する密集住宅地のなかで、ポケットパークのような街に開かれたスペースです。屋外を挟んで既存住宅の居間に面するように配置することで、屋内外が一体的な住空間としています。詩人である亡くなられたご主人とその同時代の詩人の顕彰のためのサロンとして、また地域の人々にも開かれたスペースとして活用されています。


『TOTO通信』507(2015年夏号)

感泣亭 外観

 

 *V

 

感泣亭 内観

 

 *V

 

感泣亭 建具を外した外観

 

感泣亭 中庭

 

 *V

Designed in collaboration with Kouda architectural design office | 2010-2012
Photographs | © Ookura Hideki / Kurome Photo Studio (if not otherwise specified as *V(Yoshihiro Asada / VIBRA PHOTO))
Publication | 『TOTO通信』507(2015年夏号)

Works : 一覧へ戻る

Copyright (c) 2009 Eureka | エウレカ. All Rights Reserved.